こんにちは。サッカー家庭教師 井浦はずむです。

今回は技術の向上がもたらす「こなせるポジションの汎用性」についての記事を書きたいと思います。現代のサッカー界で、技術の必要性が多々論じられているように、圧倒的な高さ・速さがない選手がそのポジションで生き残るためには一定以上の技術が必要となってきます。圧倒的な高さ・速さだけでプレーを終結させることのできる選手は例外として、サッカーではどのポジションにおいても最低限”ボールを失わない”ことが求められます。言い換えると「最低限ボールを失わない技術」があればどのポジションもこなすことができます。「技術を身につけ複数のポジションを試す⇒選手自身に最も適したポジションを見つける⇒技術+αの習得を目指す」この過程の中の「適正ポジションをみつける」という部分までを小学年代で完成させることでサッカープレイヤーとしての大きな成長を期待することができます。様々なポジションを経験し選手としての可能性を広げるために小学年代のうちに生きた技術を習得しましょう!